読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CRISIS【第二話】あらすじネタバレ、息を吞む格闘シーンが見物!!2017オススメドラマ

こんばんは、MIYUです。

nohohonlife.hatenablog.com

 

CRISIS、第一話のあらすじネタバレは記事にしてないのでいつかします(笑)

CRISISは公安機動捜査隊特捜班という秘密部署の話です。

枠から外れた事件(テロなど)を、枠のはずれたヤツラが解決していく、というかなりスカッとするドラマになっています。

メンバーは5人、それぞれが何かの分野に秀でたスペシャリストです。

 

 

登場人物

西島秀樹が演じる田丸…真面目でストイック、冷静沈着、高い格闘技術の持ち主。

小栗旬が演じる稲見…元自衛隊所属、高い格闘技術と身体能力の持ち主で無鉄砲。明るくふるまっているが暗い過去がある。

 

この二人が主演でしょうか。

 

樫井(かしい)…抜群の嗅覚、匂いが色分けされて見えるという「共感覚」の持ち主。爆発物の処理班に所属されていた。

大山(おおやま)…特捜班で唯一の女性。サイバー情報分析のスペシャリスト。元凄腕ハッカー不正アクセスを繰り返していた過去がある。

 

そして最後にこのメンバーをまとめる班長

吉永(よしなが)…元警視庁捜査一課の刑事で観察眼が鋭く、取り調べの名手である。

妻帯者だが妻と娘とは別居中。

この5人で形成されている。

特に稲見はかなり枠から外れたヤバいやつだと私は認識しています(笑)

田丸と稲見は水と油の関係かと思いきや、良きパートナーみたいですね!

 

あらすじ・ネタバレ

第二話は、田丸に国家の危機を伝えようとしたフリージャーナリストが田丸の目の前で殺されてしまう。

死に際に残した「アリス」というセリフと、事前に田丸の携帯に送られていた写真をもとに真相を追う。

フリージャーナリストの家に侵入した(令状のない非公式の捜査)田丸に謎の男が襲い掛かり、田丸は意識が混濁してしまう。

エレベーターの下で待機していた稲見と、謎の男が鉢合わせ、激しい格闘を繰り広げるが下りてきた女性を人質にとられ、あと一歩のところで取り逃がしてしまいます。

フリージャーナリストの死因は心筋梗塞と診断されたが、薬物中毒であることを確信していた田丸。何者かがフリージャーナリストの死因を隠蔽しようとしていることから特捜班は政府が絡んでいると睨む。

田丸に送られていた写真は家の写真を分析し、場所を特定。

近所の人に聞き込みをすると、救急車で運ばれたことを聞きつけ、病院である少女たちとコンタクトがとれる。

その少女の名前を「ドロリス」、もう一人を「アリス」と言った。

アリスは意識不明で入院中であった。

ドロリスの話では、ひどいことをする「客」がいるとのことだった。

 

夜にこっそりとアリスの病室に来た、田丸を襲った謎の男は殺し屋だった。稲見は病室で張り、その男に「もうこっち側に姿を見せるな」と言い放ち、男は逃げ去る。

 

田丸はとある女の人に教会で会い、白い封筒を渡します。

「いつもありがとうございます、夫はいつ戻ってくるのでしょうか」

女の人は尋ねます。毎月会っている女性のようです。

今回の事件で精神的に弱くなっている田丸はその女性に

「まだ行かないでください、もう少しそばにいてください」

と言います。一体どのような関係が…??

 

場面は国会前の中継になります。

内閣改造後、初の会議が始まるところのようです。

マスコミは戦後二番目の若さで官房長官になった神谷議員に注目を集めているようです。

国会に車であらわれた神谷議員。注目すべきはそこではありません。

運転席から出てきた男…田丸や稲見を襲った…あの殺し屋の男だったのです。

 

稲見は誰もいないバーの席でお酒を飲みます。

バーのオーナーが言います

「何かありました?いつもとちょっと雰囲気が違うんで」

と稲見の雰囲気の違いを察しますが

「いつもこうやって女口説いてんだろ」

とごまかします。

~Fin~

 

感想

は~~~~毎回毎回息を呑む格闘シーンがすごいですね!

あれちょっと間違えたら大けがしそうですけど…

何よりもイケメンが必死になって闘っているところってかっこよくないですか!?

第一話の新幹線内での格闘シーンもかなりのレベルだったと思いますよー!!

稲見さん超カッコいい!!

稲見さんに口説かれたい!!

スーツ姿かっこいい!!

それを見たいがために来週も見ちゃいます~♡

 

nohohonlife.hatenablog.com

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています、クリックお願いします☆